札幌駅北口すぐの、さっぽろ内科クリニック

さっぽろ内科クリニック
さっぽろ内科クリニックの電話番号

アレルギー診療

喘息・花粉症でお悩みの方へ

アレルギーとは、体の外から入ってきた細菌やウイルスを排除するための免疫反応が、花粉、ダニ、食べ物などに対して過剰に起こることをいいます。
そのときの花粉やダニなどアレルギーを引き起こす物質をアレルゲンと呼びます。

気管支喘息、花粉症を含むアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、 食物アレルギー、じんま疹、アトピー性皮膚炎、薬物アレルギーなどが代表的なアレルギー疾患です。
短時間に全身にあらわれる激しい急性のアレルギー反応はアナフィラキシーと呼ばれ、血圧低下、呼吸困難、意識障害などのショック症状を引き起こすことがあります。

アレルギーの血液検査

アレルギー反応のうち代表的なものは血清タンパクのIgEがかかわるものです。
血液検査では、このIgEの量を調べてアレルギーの有無や程度を調べます。
IgEは個々のアレルゲンに対するものが無数に存在しますので、例えばダニやシラカバなど特定のアレルゲンに対するIgEを個別に調べてアレルゲンを推定します。

エピペン

アナフィラキシー・ショックは生命を脅かす危険な状態ですので、医療機関で治療を受けるまでの補助治療剤として、エピペンという自己注射製剤があります。
アナフィラキシーを起こす危険が高いと診断された方は、トレーニングを受け同意書に署名したうえでエピペンの処方を受けることができます。

舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法、減感作療法)

アレルゲンのエキスを少量から服用することにより体を慣らしアレルギー症状を和らげる治療法で、アレルギー症状を治す可能性のある治療法と考えられています。
今のところ、スギ花粉症、ダニによるアレルギー性鼻炎が対象となっています。

スギ花粉症の舌下免疫療法

治療対象はスギ花粉が原因のスギ花粉症患者さんに限られます。
治療はスギ花粉飛散期以外もふくめ長期間にわたります。
アナフィラキシー発現のリスクがありますので、初回投与時はクリニック内で少なくとも30分間の観察が必要です。
スギ花粉舌下液

治療の流れ

受付時間
午前 10:00~14:00
午後 16:00~20:00
平日夜8時迄夜間診療
TEL
お支払い
各種クレジットカードとデビットカードの利用可
住所
札幌市北区北7西5札幌北スカイビル4F
アクセス
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
TOPに戻る